「賃貸マンション探しまShow!」トップページ

一人暮らしはやっぱり賃貸マンション

「一人暮らしの住まい」と聞いて一番にイメージするものはなんでしょうか?一人暮らしをする人の殆どが賃貸マンションに住んでいる状況から察するに、一人暮らしの住まいとしてイメージするのはマンションかアパートでしょう。何も必ず賃貸のマンションや賃貸アパートを利用せずとも、その地域に住んでいる親族の家を間借りしたり、開いた部屋を貸し部屋として利用している物件を利用する手もあります。しかし自分に合った物件・部屋を探す場合、不動産屋で紹介しているものを参考に部屋探しをするほうが効率が良いですし、何より値段が安いのが魅力です。例としてこのHPが私的には参考になりました。「賃貸マンション探しまSHOW!」では、一人暮らしの部屋探しとして賃貸マンションを推奨する目的として、一人暮らし用の部屋で賃貸マンションを利用するメリットや部屋探し時の注意点、契約の基本的な流れなどを紹介・解説しています。今から一人暮らしを始める方、または今現在で一人で暮らしている方にも役に立つ情報を多く取りそろえていますので、興味のある方は是非一度当サイトの情報をご覧下さい。
引越しや賃貸物件に関する情報を、いちはやくてにいれたいのならこのような情報サイトを活用する事も必要です!

知ってた?賃貸マンションと賃貸アパートの違い

一人暮らしの住まいとして多く利用されている賃貸マンション+アパートですが、この二つの建築物の違いをご存じでしょうか。「え?どっちも同じようなものでしょ?」と思っている方は多いでしょう。というか、私自身両者の違いなんてまったく分からなかったんですが・・・。外見的にも大きな差はなく、かといって部屋の用途や目的もほぼ同じマンションとアパート。この両者の違いはズバリ「建築方法」です。建築の素人から見ればまずわかりませんが、この建築方法の違いは建築時にどういった構造になっているか、または全体で何階になっているか、または建築材料に何が主に使われているかによって判断することができます。アパートやマンションをイメージするとコンクリートの壁に階層毎にある階段が思い浮かびますが、マンションは基本的に建築材料にコンクリートと鉄筋が仕様されており、階層もアパートより高くなっています。反対にアパートは軽めの鉄筋コンクリートと木材で作られていて、なおかつ階層が2階になっている建築物です。

一般的には2階建てで木造+コンクリートのものをアパート、2階以上の構造になっていて重量のある鉄筋コンクリートが使われていればマンションとなります。階層が高くなればなるほどそれだけ重量が増え、そこに人が住むことを考えれば建築時には重さに耐えられるだけの材料を使う必要があります。そのためアパートとマンションでは建築時に使う材料自体の重さにハッキリと差があり、端から見てわからなくとも直接壁を触ったり叩いたりするだけで軽いコンクリートかどうかを判断できます。

賃貸マンション、賃貸アパートでの一人暮らし

長年親しんだ実家から離れて一人暮らしをすることに不安を感じる方もいれば、新しい新生活にウキウキワクワクしている方もいます。一人暮らしをするということは、炊事・洗濯の家事全般を自分でしなくてはなりませんし、同じ賃貸アパートorマンションに住む方達に迷惑にならないように気を付けなくてはいけません。ただ、自分がいくら常識に富んでいてモラルやマナーを守っていても、隣人が常識に欠けていて毎日のようにモラルを疑う行動を取っていたり、それら行動で自分自身がストレスを溜めることになるケースも少なくありません。一人暮らしをするということは前提となる家事全般を行うだけでなく、その地域における生活環境に順応しなくてはいけない、ということなのです。賃貸アパートや賃貸マンションでの防音は完璧ではないので、部屋同士がコンクリートで隔てられていると言ってもある程度は両隣の部屋の生活音が届きますし、逆にこちらの生活音も周りに聞こえています。木造+コンクリートで作られているアパートは特に生活音が筒抜けになりやすいので、他人の生活音や自分の生活音が聞かれていることに我慢出来ない人は賃貸アパートよりも賃貸マンションの方が向いてるでしょう。賃貸マンションや賃貸アパートによっては防音効果が高い作りになっているところもありますが、そういう設備がしっかりしているところほど割高なので、そういった部屋を探したい人は財布との相談・兼ね合いになってくるでしょう。何にせよ、自分の生活を問題なく行うためにも、隣人との丁度良い付き合いはできるようにしておくべきだと思います。

check

沖縄の海でダイビング

金 買取 東京

大人可愛い動物柄の和装小物:和音-WAON-

アジアンアンティーク家具の通販なら【MEBEL ANTIQUE】

カラコン 通販